↓☆ランキング参加中☆↓ FC2.jpg

  賃貸ブログリニューアルしました♪
  近藤不動産の賃貸スタッフより
  お届けします☆
最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

心に留めておきたい言葉~7~

とうとう今年も残すところ1ヶ月となってしまいました。

お歳暮、年賀状、大掃除・・・新年を迎える準備に大忙し!
…と、まぁ、これは主婦目線。

お仕事頑張っていらっしゃる方々も今年の締めくくりにむけ
何かと走り回っておられる事と思います。

『師走』

様々な説がございますが、私は単純に「師が走り回る」で納得しております。


そんな誰もが浮き足立つ年の瀬に、こんなひと言を・・・


b_20121129103938.jpg

What is it that we should be doing at this very moment?

あれもこれもとやる事が思い浮かびますが、今日のうちにすべきことは
先送りにせずに、済ませましょう。



師走の忙しさも切り抜けられそうですね!

ハーバルボール初体験♪

ぐぐっと冷えてきた今日この頃…
寒さで思わず身体中に力が入り肩がカチカチになったりしていませんか?

以前からずぅ~っと気になっていたリラクゼーションを受けてきましたので
ちょっとご報告させて下さい

アジアのハーブ王国タイで使われている「ハーバルボール」

インドのアーユルヴェーダ、中国の漢方と並び1200年の歴史を持つタイの伝統医療「サムンプライ」。
ハーバルボールもその中のひとつで14種類以上のハーブをナチュラルコットンで包んだものを
蒸して患部に押し当てることで、心地よいマッサージ効果が得られるんです。

b_20121115115050.jpg


ハーブが皮膚から浸透する薬効効果、香りによるアロマテラピー効果、
そしてじんわりと身体を温める温熱効果が期待できる…というわけです!

念願かなって先日チャレンジして参りました

スチームで温めたほっかほかのハーバルボールを頭のてっぺんから
足の裏までまんべんなく押し当てていきます。

もうその気持ちいいことと言ったら・・・
至福の時でございました

ボール自体けっこう固めなので、これで凝っている箇所をグリグリとほぐすと
温かさもあり、本当に気持ちいいんです!

ハーブの香りも素敵ですよ~。
今回は冷え性によいということでジンジャーのボールを使いましたが
他にも種類は9種類ほどあるそうです。

終わってしばらくすると、顔がポッポポッポしてきました



皆さんはどんなリラックス方法がお気に入りですか?
私はしばらくこのハーバルボールにハマってしまいそうです

機会がございましたらぜひお試し下さいね^^


冬支度

こんにちは♪
立冬も過ぎ、暦ではいよいよ冬の始まりですね。
年賀状、お歳暮、大掃除… 考えただけで目が回りそうな季節です。

体調を万全に整えて挑まなければなりませんね!
そこで…風邪やインフルエンザ予防のポイントをチェックしてみました


☆インフルエンザ予防は11月から!
  ワクチンの接種は11月中に受けておきましょう。インフルエンザは12月2週目頃
  から本格的に流行してきます。ワクチン接種後、効果が出るのに約2週間かかります。
  ですので、流行する2週間前には接種しておくと効果が大きいというわけです。
  ワクチンの効果は5ヶ月ほど持続します。


☆うがい・手洗いは基本中の基本!
  朝起きて、食事の前、帰宅して、就寝前…面倒がらず習的慣的にうがいをするよう
  心がけましょう。また、電車のつり革等あちこちに付着したウィルスは数時間生きる
  ことができるので、こまめな手洗い・消毒も効果的です。


☆自分の顔に触れない
  風邪やインフルエンザのウィルスは、目や鼻・口を介して体内に入ってきます。
  自分の顔に触れることでウィルスに感染しやすくなってしまいます。
  頬杖をついたり目や鼻を触る癖がある人は要注意です!


☆定期的に有酸素運動を行う
  有酸素運動をする事で血液の循環が良くなって代謝が上がり、体内に入ってきた有害なウィルスを
  除去する効果が高まります。エレベーターを使わず階段を利用したり、一駅分歩いて見るのも良いですね!


☆ファイトケミカルを含む食品を多く食べる
  植物由来の化学物質・ファイトケミカルを多く含む、濃い緑や赤、黄色の野菜や果物を多く
  食べるようにしましょう(ほうれん草、春菊、人参、パプリカ、トマト等)体の中から免疫力を上げ
  ウィルスに感染しにくい体質を作ります♪


☆お酒やたばこは控えめに!
  たばこの煙を吸う事で鼻腔の絨毛を麻痺させ、よりウィルスに感染しやすくなります。
  アルコールの大量摂取は脱水症状を招き、様々な合併症を引き起こす原因にもなります。
  どちらもほどほどに…。




以上、今年の冬は「外からの予防」と「内からの予防」でウィルスを撃退しましょう
お問合せはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: